スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーノルドレンダー

2013年09月26日 10:50

久々の更新です。
最近巷で噂の「アーノルドレンダー」について、いくつかの条件つきで画像の公開許可を頂きましたのでブログで紹介させてもらいたいと思います。

機密保持契約の関係で詳しい情報は記載できませんが、この記事でアーノルドというソフトウェアの潜在能力を感じて頂ければ幸いです。
なお、販売価格や入手ルート。具体的なmayaのチュートリアル等は前述した通りNDAの関係でお話できませんので、あらかじめご理解ください。
thorKeyVisualA_2013091223054044b.jpg


■アーノルドとは?
アーノルドレンダーは「solidAngle」社が開発・販売しているフォトリアリスティック向けのGIレンダラーです。
ハリウッドのハイエンドVFXでの普及に加え、最近では映画「キャプテンハーロック」でマーザ・アニメーションプラネットさんが使用された事でも有名です。

■メイキング
今回、4年ぶり?5年ぶり?くらいにフォトリアル系の人間を作ってみました。
仕事以外で作品を作るという事自体若い頃しか(精神的に)できなかった私ですが、アーノルドというレンダラーがあまりにも素晴らしく、自分からリアルな人間を作りたい!と思うに至りました。
今回テーマにしたのは、某アスガルドの雷男です。


●Modeling
デザインはよく分からない所が多かったので、アベンジャーズのアート本を買ったり色々と資料をかき集め、一応全身作成しています。
(↓クリックで拡大↓)
wier2.jpg


顔は左右非対称で作成していますが、フェイシャル扱いでアシンメトリーターゲットを作成しているので、とりあえずデフォルトモデルはシンメトリーで作っています。
(↓クリックで拡大↓)
wier.jpg


●Rendering
ベーシックなスタジオライティングでのレンダリング。
(↓クリックで拡大↓)
studio.jpg

ターンテーブル

thorTT from hiroshi miyamoto on Vimeo.



IBLで色々出してみましたテスト
(↓クリックで拡大↓)
IBLtest.jpg


余談ですが、野外っぽい絵のテスト、ルックデヴのベースに使ったライトの一つなのですが、実際に私がロケーションで写真を撮影してもらい、肌の輝度をある程度数値レベルで合わせるというテストをしています。
現場でHDRを取るような事まではできていませんが、やらないよりはマシだと思い、撮影してきました。
なお、ロケーションは武蔵国分寺公園。撮影時間は午後1時頃です。
(真夏なので暑かった・・・)
photo.jpg


全身2種。
今回は、この「武蔵国分寺公園」「スタジオライティング」に加え、IBL無しのライトオンリーを足した3種類のロケーションでルックデヴを行いました。
まったく同じシェーダーで、ライトを変えただけでロケーション変更を行えるよう高い汎用性を目指しています。
(↓クリックで拡大↓)
thorAll.jpg


●Rigging
体と顔のリグテストムービー
(↓クリックで拡大↓)
facial.jpg

facialRigTest pb sd from hiroshi miyamoto on Vimeo.



thorFacial from hiroshi miyamoto on Vimeo.



bodyRigTest pb sd 2 from hiroshi miyamoto on Vimeo.



thorBody2 from hiroshi miyamoto on Vimeo.



●Final
最後に、頭に貼り付けていたキーショットの大きい画像をペタリ。
実はアニメーションをつけていてその1コマなのですが、途中で挫折したのでとりあえず静止画を。
またいつか元気が戻ったら続きをつけるかもしれません。
(↓クリックで拡大↓)
thorKeyVisualA_20130912233759ad1.jpg
適当なHDRの素材集でレンダリングしたので、背景はとりあえずそれを切り抜いて貼り付けています。汗


カラコレ前のビューティーパスはこちら。1パスレンダーです
(↓クリックで拡大↓)
thorKeyVisualB.jpg


■あとがき
自分はアニメ会社勤務で、本業はトゥーンルック。Zbrushすら使えません。
そんな自分でも、触って数日で使えてしまう。
ルックデヴにかかった日数も、以下のとおりすごく短時間ですみました。
-----
モデリング : 3日
ルックデヴ : 4日
ボディリギング : 2日
フェイシャルリギング : 11日
-----
私は仕事でmentalRayもvrayも一通り触ったことがありますが、目標の絵に対してここまで迷ず到達できるレンダラーは初めてだというのが感想です。

Vrayも3.0でブルートフォースやヘアーの強化がされるという情報がありますし、レンダーマンもフィジカルベースでレイトレーサーになってきていると発表されています。
これから世界的なレイトレーサーへの移行が行われていくと思いますが、その中で抜きん出るために「ユーザーライク」というのは大きなアドバンテージになるのではないでしょうか。
スポンサーサイト


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。